おもてなしの心を磨く、サロンChizu食卓から始まる、幸せ。
日本の食文化を通じて、輝く女性へ。世界に誇れるおもてなしの心を磨いてみませんか。

サロンレポート

泥の中に生まれても、汚れなく清らかに咲く「蓮の花」



お盆休みは、いかがお過ごしだったでしょうか?

仏教の象徴花「蓮の花」を楽しみました。
仏教の中で、最も格上の、最上の花。

花言葉は
心を清らかにしてくれる、美しい「極楽浄土に咲く花」。

泥の中からすっと生え、気高く咲く花。
真っすぐに大きく広がり水を弾く凛とした葉。

その姿が、
「俗世の欲にまみれず清らかに生きることの象徴」と捉えられ、
仏教にも継承されたと言われています。

「泥の中に生まれても、汚れなく清らかに花は咲く。」
改めて、蓮の花に色んな魅力を感じました。

和やかなお盆も終わりました。
9月より、おもてなし料理レッスンが始まります。
皆様とまたお目にかかれるのを楽しみにしています。

食空間おもてなしプロデューサー
下 山 千 津 子